自己愛性人格障害(094) 人格障害者の常識、普通の非常識

書きたいことが泉のように次々に湧いてくる。あれを書くと、そこから派生してこれ、といった具合に。。。前回のブログで、人格障害者は共感力の欠如があると書いた。これは人格障害者ウッキーに特有のものではなく、自己愛性人格障害者に共通する大きな特徴のひとつである。人格障害者は、言動が演技臭くて、 何かのセリフを読んでいるようである。そして、この場面ではこれ、というふうに、 キメセリフというのを持っている。人格障害者ウッキーのキメセリフのひとつに「あなたの常識、他人の非常識よ!」というのがある。

1997年の酒鬼薔薇事件を始め、少年犯罪が世間を騒がせるたびに、子供たちから素朴な疑問が投げかけられる。「なぜ人を殺してはいけないの?」。大人はこんなバカな質問に答える必要はない。「ダメなものはダメ」でよろしい。 こんなもん、常識だろ。「常識ってなーに? それってあなたの常識でしょ?」。そんなもん常識やろ?と言うと、決まってこう返すヤツがいる。うっせーよ。常識って何かって? テメーが一番外れてるものだよ。

人格障害者ウッキーは、これまで書いてきた通り、人格障害者なので、いかにも人格障害者らし~い独自の言動を、一般からみれば非常識な言動をする。人格障害者ウッキーが、訪問介護のヘルパーさんから「そんなの常識でしょう」と詰め寄られたことがあった。そしたら予想通りウッキーッ!となって、例のキメセリフが出た。「そんなの、あなたの常識、他人の非常識って言うじゃない!」

特に深い思慮があるわけではなく、「常識」という言葉を使って相手が怒ったら、人格障害者ウッキーの頭の中ではこのセリフを使うことになっているだけ、単に「常識」という言葉に反応しただけである。深い思慮はない。「あなたの常識、他人の非常識」。どこで覚えたか知らないが、他人が使ってるのを聞いて、ちょうど韻を踏んでいるし、これはいいと、さっそく採り入れたのだろう。何度も同じセリフを言ってるのを聞いているから、これは人格障害者ウッキーの十八番なのだろう。

このセリフ、ある意味では正しい。自分が常識と思っていることが、他人にとってはそうではない場合もある。しかし、それは人格障害者ウッキーにも同じく言えることなのである。「あなたの常識、他人の非常識って言うのよ!」というのは、相手の常識が間違っていて、すなわち自分の常識が正しいと思っている、人格障害者ウッキーの独善によるセリフなのである。相手も同じことを人格障害者ウッキーに言ったらどう答えるのだろうか。

自分が間違っている、自分の常識が間違っている、そういう感覚がないが故の人格障害者である。人格障害者ウッキーが非常識な言動で、まわりから「そんなの常識だろ!」と注意を受けるとする、その時は、得意満面のドヤ顔で、このセリフを言うのである。そこに自分が非常識であることは置き去りにされている。「人格障害者の常識、普通の人間の非常識」だということに思いが及ばない。つまり、これもまた共感力の欠如のひとつなのである。

Follow me!

16 thoughts on “自己愛性人格障害(094) 人格障害者の常識、普通の非常識

  1. クリスタル より:

    >自分が間違っている、自分の常識が間違っている、
    そういう感覚がないが故の人格障害者である。
    引っ越して来てすぐ、非常識だなって思うことが20項目位ありました。
    まず、思うことは、自分の行動を客観視出来ない人なんだな。と思いました。
    これをしたら、周りが迷惑だろう。とか、とにかく周りの人の事
    を考えることが出来ない。
    2年前にブチ切れて、最初に私が人格に言った言葉が、
    「非常識なんじゃないの!!!」
    そしたら、「〇〇することが非常識とは、思わなかった…x5」
    もう、40代にもなったいい年した大人が一般常識の感覚すら
    持ち合わせていないことに正直、驚きを通り超えて、呆れました。
    その時、物凄い嘘つきであることが解り、こうゆう人間が居る
    んだ。平然と嘘をつく…。
    ネットで調べたら人格障害に行き着きました。
    これだ……って。
    どういう教育を受けてきたのでしょう?
    たぶん、遺伝から来ているのでしょう。彼女の場合。
    「そんなの、あなたの常識、他人の非常識って言うじゃない!」
    前頭葉、かちわったろか!?
    ウジみたいな人間になにを言っても通じないんですよね。

  2. ムカムカ より:

    >その時、物凄い嘘つきであることが解り、こうゆう人間が居るんだ。平然と嘘をつく…。
    普通じゃない、おかしいと気がついて、相手のことを人格障害者と確信するポイントは
    何と言っても、この虚言癖ですよね!
    大人だから、人間関係を円滑にするための、
    やむを得ない嘘は、誰にでもあります。
    何でもかんでも正直に生きていくことなんて、不可能です。
    でも、そんな嘘をつくのは、人の道に外れてるでしょう!というような、
    他人を陥れるための嘘、他人に迷惑をかける嘘を、
    人格障害者は、平気で吐くんですよね。
    >うっせーよ。常識って何かって? テメーが一番外れてるものだよ。
    >前頭葉、かちわったろか!?
    あ~、こういうセリフA母に言ってやりたい!

  3. せんち より:

    *** クリスタルさん、ムカムカさん
    人格障害者は、結局、自分にあてはまることをネタに相手を批難するそうです。
    これ、元被害者さんが書かれていたか、ボクが何かで読んだか。。。
    結局、自分がそうだから、
    相手もそうに違いないと妄想するんです。
    結果を見て、後になって、
    言ったことも言ってない、やったこともやってないと主張する。
    こちらが言ってないことを言った、やってないことをやったと主張する。
    責任感の欠如が特徴とはいえ、不思議で仕方がない。
    しかも、それらしき理由があるのならともかく、
    ウソで逃げようとする、他人になすりつけて逃げようとする。
    おっしゃる通り、まずは何より、
    ウソで「こいつはおかしいゾ」と気付きますね。

  4. クリスタル より:

    せんちさん ムカムカさん
    >何と言っても、この虚言癖ですよね!
    顔色一つ変えずに、場当たり的な嘘をペラペラと。
    そして、絶対に謝らない。
    普通の人なら、すいませんでした。で終わるのに。
    言い訳ばかり。
    >人格障害者は、結局、自分にあてはまることをネタに相手を批難するそうです。
    これ、元被害者さんが書かれていたか、ボクが何かで読んだか。。。
    そうそう。うちの人格障害がもろにそうです。
    自分のやった犯罪行為をうちがやったと近所に吹聴してまわられ
    ましたから。
    こちらは、被害者でありながら、一対一の問題だと思っていまし
    たから、黙っていたのにもかかわらずです。
    >言ったことも言ってない、やったこともやってないと主張する。
    こちらが言ってないことを言った、やってないことをやったと主張する。
    これぞ人格障害!!出ました!!って感じですよね。
    まさにですよ。
    しかもやってないことまでトッピング。
    なすりつけられた方はもう地獄ですよ。
    せんちさん、物を盗んだ時点で首にしてやればよかったのに!
    立派な犯罪じゃないですか?
    ウッキーが長い時間いるところにビデオカメラでも設置すれば
    いいのに。
    そうすれば言い逃れ出来ませんからね…。
    といっても人格障害はこう言うと思います。
    ビデオに撮るなんておかしい。
    ここに映っているのは、私じゃありません!!
    確かに物を取ったが、違う場所に返しました!
     
    どこに?
    そこです!!!
    ないですよ。
    じゃあ、誰かがそれを盗んだのよ!!
    私じゃないんだから!
     
    もうこの不毛な会話…。
    相手にしているこちらがバカみたいに思えてくる。
    証拠突きつけても 人格障害ってこれだから(笑)
    >うっせーよ。常識って何かって? テメーが一番外れてるものだよ。
    このセリフとまるっきり同じこと思ったことあります。
     
    人格「あなたって私に持ってないもの持ってる」
    私は心の中で「そうだな、常識だよ!てめえが一番持ってないものだよっ」(笑)
    あーホントに消えて欲しい…。 

  5. 元被害者 より:

    >自分にあてはまることをネタに相手を批難するそうです。
    投影と言うそうです。私も複数の被害者のページに書かれているのを読んだことがあります。
    これは私の実体験ですが、同じ自己愛から「そんなの常識だろ!」と「あなたの常識、他人の非常識よ!」の両方のセリフがランダムの飛び出す場合もあります。
    使われる状況が違っていて、「そんなの常識だろ!」は投影の時、「あなたの常識、他人の非常識よ!」は言い訳の時です。
    彼らは証拠を突きつけると論点をすり替えて逆切れしてくるので、まともに相手をするとこちらの精神的なスタミナが切れてしまいます。
    今となってはもう笑えてきます…。
    自己愛にモラルやマナーについて説教されていたんですから。
    それにしても、自己愛と被害者の共通の知り合いは、揃いも揃ってどうして自己愛側だけを100%信じるんでしょうかね…!?

  6. クリスタル より:

    元被害者さん
    投影と言うそうですね。
    みてると、投影しているな。って思いますよ。
    >それにしても、自己愛と被害者の共通の知り合いは、揃いも揃ってどうして自己愛側だけを100%信じるんでしょうかね…!?
    や~あ、本当になんなんでしょうね。
    こちらの言い分など聞く耳も持たない感じですよね。120%であなたが悪いんでしょ。って鬼のような顔されますからね。
    やはり、強力な根回し、非難の言葉攻めで、こんなに怒っている
    んだから、言われている人が悪いに決まっているって。
    しかも、取り巻きと一緒になって言ってるから、数の暴力で、
    これだけの人が同じように言っているんだから、嘘なわけない。
    よって、皆信じてしまうんでしょうね。
    悪循環もいいとこです。
    毎日、ムカついてしかたないです。

  7. ムカムカ より:

    >しかもやってないことまでトッピング。
    >なすりつけられた方はもう地獄ですよ。
    この辺の特徴、自己愛被害者にとってはおなじみですよね!
    ホント、出た!って思います。
    ポイントは、この「トッピング」なんですよね。
    すべてが架空の嘘ではなく、大筋は本当だけど、一部にトッピングつけることで
    すべてが大きくひっくり返ってしまう
    そういうトッピングを、絶妙に追加するんですね。
    だから、正直者の方は、すべてを否定することはできない。
    ここは本当だけど、これは嘘。そういう釈明しか、できないのですよね。
    一方、自身満々で、心に迷いもなく堂々と嘘を吐き、被害者面する自己愛・・・
    第三者が騙されるのは、仕方ないのかな、という気がします。
    手段を選ばず人の心を動かす、という技術において、こちらは完敗ですもの。
    それから、もうひとつ思ったのが
    被害者に取っては、トラブルが起こった時点がスタートになるのですが
    自己愛の対人操作活動は、何も起こっていなかった頃から始まっていて
    知り合った瞬間から、味方に付ける人物の選別をして、
    味方につけようと決めた相手には、じわじわと近づいて、恩を売り、貸しを作って
    いつ何が起こっても大丈夫なように、持ち駒としてスタンバイOK状態に
    持っていっているんだと思います。
    私が今回、A母とトラブルになった時、
    決裂直後に、見事に、押さえるべき人を押さえて、嘘を吹き込んで味方につけていた
    その動きのすばやさに、心底、驚きました。
    また、その時に真っ先に押さえられた人には、トラブルになる前から
    せっせと恩を売って、少しずつ近づこうとしていたんです。
    何も知らずバカだった私は、A母は、分け隔てなく、いろんな人に親切にしているのだと
    思い込んでいたものです。
    A母の場合、私の可能な限りの聞き込み(笑)から判明したことですが
    誰にでも、嘘を吹き込んでいたわけではないんです。
    この人を押さえておけば、そこから、あの人とあの人に繋がって
    取り巻きに追加することができる、そういう計算をした上で、
    ポイントになる人を厳選して、押さえていたみたいです。
    こんな人が、自分の属するコミュニティーに紛れ込んでいたら
    みんなめちゃくちゃにかき回されてしまいます。
    本当に、自己愛は、社会の癌細胞なのだと思います。

  8. せんち より:

    >自己愛と被害者の共通の知り合いは、
    >揃いも揃ってどうして自己愛側だけを
    >100%信じるんでしょうかね…!?
    ボクが読んだ中では、
    ウソの中に、本当のことを交えて言うので、
    つい信じてしまうそうです。
    1割の真実に9割のウソをトッピングして、
    虚実混交のストーリーを聞き手に提供する。
    1割の真実に心当たりがあれば、
    9割のウソを信じるのではないでしょうか。
    また、こちらが反論しないという点も挙げられます。
    たいていは、人格障害者は反論されないように、
    本人がいないところで悪口を吹聴しまくります。
    また、それが耳に入ったところで、
    こちらから反論するのも馬鹿らしいし、
    同じ土俵に上がるのも躊躇されます。
    本当はそれじゃいけないんですけどね。
    話は飛びますが、昭和12年に日本軍は南京を占領しました。
    当時の報道のみならず、多くの写真と、映像が残されています。
    また食料の配給などの関係で、多くの統計数字があります。
    それらすべては、虐殺などなかったことを示しています。
    虐殺どころか、日本軍が来て治安が良くなったということで、
    周辺のシナ人が集まってきて、人口が増えたくらいです。
    ところが、戦後になって虐殺があったと、
    シナは証拠を捏造してまで主張し出しました。
    もちろん、実際に従軍した人たちが大勢、生存していたため、
    そんな妄言は相手にしませんでした。
    「あいつら、また変なことを言い出した。」
    「あいつらの言うことはウソだとみんな知ってるだろ」
    こう考えて、あえて日本政府も無視していました。
    ところが、現在、当時を知る人がいなくなり、
    後に残ったのは「大虐殺があった」という言葉だけです。
    60年以上かけてウソを言い続けた結果、
    ウソが本当になったのです。
    これを短期のスパンでやっているのが、
    人格障害者のやり方です。

  9. 元被害者 より:

    周りの人は、こちらが正直に言うと、先に聞いた自己愛の嘘と一致しているところだけピックアップして、こっちを悪者扱いするからホトホト嫌になりました。
    自己愛の訴えた言い分対して、「〇〇はやったけど●●はやってない」と言えば、なぜか、やっぱり全部お前が悪いんじゃないかって感じで●●までやったことになり、●●に関してまでやったという前提で責められました。
    状況が状況で、売り言葉に買い言葉で言い返したセリフだったのに、いきなり言い放ったという言い分に対して、正直に、言ったけどその前に相手がこんなことを言ってきたからと、一連のやり取りと共に説明しても、やっぱり言ったんじゃないか!?だから全部お前が悪いんじゃないか!?ってなり、自己愛は正直者になってしまいました。
    という訳で、信じる周りの人間も不思議で仕方ありませんでした。

  10. クリスタル より:

    ムカムカさん
    >手段を選ばず人の心を動かす、という技術において、こちらは完敗ですもの。
    今、完全に完敗ですよ。
    今年、小学校に上がる子供がいるんですが、幼稚園の人間にも
    吹聴が始まり、今度行く小学校の区域の幼稚園のママさん達から無視されるようになりました。
    毎日、腹立たしいくて、寝る前になると怒りが収まりません。
    >被害者に取っては、トラブルが起こった時点がスタートになるのですが
    自己愛の対人操作活動は、何も起こっていなかった頃から始まっていて
    知り合った瞬間から、味方に付ける人物の選別をして、
    味方につけようと決めた相手には、じわじわと近づいて、恩を売り、貸しを作って
    いつ何が起こっても大丈夫なように、持ち駒としてスタンバイOK状態に
    持っていっているんだと思います。
    まさに…計画的犯行。引っ越してきた当初、集落の人間全員を友達にしていて、
    毎日外に出ては、信じられない時間まで遊んでいたり…。
    その中でもあの嗅覚をつかって手下になりそうな人の選別!!
    してましたよ。すでに。
    新しく引っ越してきた人は、人格が自分の家に真っ先に招待して、
    手なずけて、自分のお友達にして、(持ち駒)作りに一生懸命でしたよ。それはそれは、不自然なぐらい善人アピールでうざくて、
    仕方なかったですが。
    見てると、新しく入った方は、私を通してください!みたいな
    感じでしたよ。もう受付窓口みたいになっていて。
    一か月位すると、新しく入った人が、うちに対して嫌な態度をとり
    始めるんです。
    もう最悪ですよ。
    >いつ何が起こっても大丈夫なように
    人格にとってはターゲット攻撃に備えてしかないですよね。
    >見事に、押さえるべき人を押さえて、嘘を吹き込んで味方につけていた
    この人を押さえておけば、そこから、あの人とあの人に繋がって
    取り巻きに追加することができる、そういう計算をした上で、
    ポイントになる人を厳選して、押さえていたみたいです。
    そうそう!!絶対に私の周辺の関係者から、細かい人間関係を教えてもらったとしか思えない人選でしたよ。
    まず、真っ先にこの幼稚園の中で人格障害が吹き込むならこの人だな。って予想していた人がいて、見事にその人の態度がおかしく
    なりましたから。それからは、もうその人の友達全員に広がって
    いきましたよ。
    こいつのせいで平穏な生活を引っ掻き回されて、毎日毎日、嫌な
    気分にさせられて。
    なんで生きてんの?って言いたい。

  11. クリスタル より:

    せんちさん
    >話は飛びますが、昭和12年に日本軍は南京を占領しました。
    当時の報道のみならず、多くの写真と、映像が残されています。
    ところが、戦後になって虐殺があったと、
    シナは証拠を捏造してまで主張し出しました。
    南京大虐殺は、一人のカメラマンがまったく関係のない大量の
    虐殺写真を日本軍が行った行為だと偽り、あたかも本当にあったことのようにねつ造され、歴史の嘘を今でも日本人は信じ込まされています。
    色々な説がありますが。
    中国は、そこに南京大虐殺の資料館や石碑などを現地につくり、
    あたかも本当にあったかのようにしてしまっています。
    なぜそのようなことをする必要があったのか。
    日本に謝罪をさせ、日本からお金を引きだすためです。
    この方法で中国はお金を日本から引出すことが出来たので、
    なにかと、歴史問題を持ち出してはお金を引き出そうとしています。
    韓国もそうです。従軍慰安婦問題、他 あげたらきりが無いですが
    …。
    嘘って言い続けていると本当になってしまう。
    私の今の状況がそうです。
    人格障害がずっと何年も自分がやったことをうちがやったと…。
    もう4年近くずっと。
    もうどうしていいかわかりません…。
     

  12. クリスタル より:

    元被害者さん
    何でも先に言ったもん勝ちってところありますよね。
    でも、私には、自分が悪くなくても、人の悪口を人格障害並みに
    上手に吹聴する技術がないし、そんなこと話したくもないですよね。
    もう勝てないですよ。
    >周りの人は、こちらが正直に言うと、先に聞いた自己愛の嘘と一致しているところだけピックアップして、こっちを悪者扱いするからホトホト嫌になりました。
    やっぱり、心理的に先に洗脳したもん勝ちなんでしょうね。
    先に言ったところで、結局、取り巻きと数の暴力で負けるんでしょうね。
    やっぱり無視が一番なんですかね。

  13. ムカムカ より:

    元被害者さんもクリスタルさんも、周囲の取り巻きから
    本当に酷い二次被害を受けたのですね・・・
    自己愛の攻撃に傷つけられ、自己愛の嘘により、周囲の人間にまで傷つけられ
    どれだけ辛かったでしょうか。
    なぜ、正直で無害な被害者の方が、ここまで一方的に
    ひどい目に遭わなければならないのでしょうか!
    >状況が状況で、売り言葉に買い言葉で言い返したセリフだったのに、
    >いきなり言い放ったと
    これ、私も同じでした。
    私が、A母に距離を置きたいという内容のメッセージを送っただけで
    いきなりA母は、うちの息子を嘘つきで泥棒だと、さんざん罵倒し人格否定しました。
    それに対して、私が誤解を解こうと反論した内容を逆手に取って、
    先に私がA母にひどい言いがかりをつけたので、それに対して反論した
    と、共通の友人には説明していたそうです。
    たまらず、A母の言葉は嘘ばかり、事実を変えて話してる、などと訴えましたが
    「実際の出来事を、自分の都合の良いように言ってしまうのは、誰でもそうなんじゃない?」と
    お互い様のように言う人がいました。
    また、A母は、
    ずっとムカムカさんには我慢してきたけど、もう限界で耐えられなくなった、
    と、絶縁状態になった理由を説明していたそうです。
    外から見たらわからないけど、密接な人間関係で、一方が我慢を強いられることは、よくある話だよね、と
    これまた、A母の話は鵜呑みにされています。
    そういうこと、あり得るかも知れない、と思わせる筋書きを
    絶妙に作り上げる、その巧みさには驚くばかりです。

  14. PIZARO より:

    ウッキー「あなたの常識、他人の非常識って言うのよ!」
    に対して
    (ウッキーを指差して)NPC「あなただけの常識は、私達にとって非常識」
    自己愛性人格障害(キチガイ)は、2次元創作の悪役キャラを
    描くのにはもってこいの性格です。

  15. ムカムカ より:

    先日、ディズニーの美女と野獣を見たとき
    悪役のガストンという男が、まさに自己愛性人格障害者そのものだと思いました。
    そういえば、ライオンキングにもアラジンにも
    表では良い人ぶって、善人をだまし、裏で陥れ工作をしてのしあがるような悪役がでてきますよね。
    自己愛性人格障害者を知らない人が、あんなキャラクターを描くことはできないだろう、と思うくらい
    ディズニーアニメの悪役の中に、しっかりと自己愛が描かれているように思います。

  16. せんち より:

    人格障害者が創作のキャラとして面白いのは、
    その通りです。
    いずれこのブログでも採り上げますが、
    奥崎謙三を、原一男監督は「対象として面白い」と判断し、
    「ゆきゆきて神軍」を作ったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です