ひらいた扉(005)大学時代の話4

先日、友人の石川君からLINEでメッセージが来た。「桜井がおまえのブログを見たようだ。すべて事実だと認めていたよ。その上で削除してくれないかと言ってる。判断するのはおまえだけど、俺からもお願いしたい」。なぜ直接ではなく共通の友人経由で連絡してきたのかというと、連絡先も知らない程度の関係だからである。新潟大学弓道部時代、桜井一哉が一方的に嫌がらせをしていたに過ぎず、ワシはずっと無視していた。ただ、たまたまパーソナリティ障害、特にモラハラの最適なネタだと思ってブログに新潟大学当時の桜井一哉の事を書いた。それを奴は読んだらしい。そして、すぐに自分の事だと気付いたのだろう。ワシは間に入った友人を煩わせるのが申し訳ないので、直接連絡よこすよう、メアドを伝えてもらった。すると速攻で桜井一哉からメールが届いた。まさか奴も二十数年の時を経て亡霊のように過去の自分が現れるとは驚いに違いない。件名が空欄だったので、よほど動揺し焦っている様子が伺えた。

【桜井一哉からのメール】
『元気ですか。アドレスを教えてもらい、メールしました。連絡の機会をくれたことを感謝します。先日、偶然あるブログを見ました。内容から多分書いたのは君だろうと思いました。私が君や周りの人たちにとても嫌な思いをさせたことが書いてありました。全て事実だと思いました。私が未熟な人間だったばかりに君や周りの人たちを傷つけ、これまで長い間気分の悪い思いをさせてしまったことを心からお詫びします。申し訳ありませんでした。もう取り返しのつかない話で、許してもらうことはできないと思っています。原因は私にあり、私が責められることは当然です。それでもどうしてもお願いしたいことがあり、メールしました。
私には家族がいます。お世話になっている人たちもいます。私の記事がネット上に残り、それが原因で将来、家族や関係のない人にまで影響が出ることはどうしても避けたいのです。お願いです。私のことが書かれている記事を削除して頂けないでしょうか。このようなことお願いできる立場ではないし、一方的で厚かましいお願いであることは重々承知しています。これまで長い間嫌な思いをさせたことを考えれば全く勝手な申し出なのですが、どうかお願いします。私が君の人生に関わることはもう二度とないと思います。でも自分のしたことはずっと忘れません。改めて心からお詫びします。申し訳ありませんでした』

ワシは、これを、非常に冷めた気持ちで読んだ。文章が長い割に内容がなく、自分が悪かった、申し訳なかったの繰り返し。お願いします、お願いしますと。しかも人生でどうとか、ずっと忘れませんとか、大袈裟な言葉が並ぶ。まるでモラハラDV夫が、出て行った妻に復縁を迫って、自分が悪かった、もうしません、もう一生しませんと大袈裟に謝っているようにしか思えないのだが。ご存知の通り、モラハラDV夫の上辺だけの謝罪にほだされて許すと、また同じことを繰り返す。人格障害者の謝罪に心揺らせてはいけない。毅然とした態度で拒絶すべきである。

それにしても桜井一哉は情けねえ奴だなと思った。さんざ嫌がらせをしておきながら、今度は嫌がらせしていたことを公表しないでくれと懇願してくるとは。結局相手の事はどうでもよくて、いかに自分の保身を図るかしか考えていないのがよくわかる。仮に奴の家族や関係者に影響があるとしたら、それはワシがブログに書いたからではなく、そういう嫌がらせを何年にも渡ってやってきた自分が原因であろう。自分のしてきた事に対し、もし本当に反省の念があるならば、削除してくれなどと隠蔽工作せず、原罪として一生背負っていけよと思う。しかも自分でケツを拭かないで友人を間に挟んで頼むとはとことん見下げた男である。こんな父親、こんな夫を持った桜井一哉の家族に同情してしまう。まぁ、奴の家族なんかどうでもいいけど。

ワシは、削除には応じられない、許すわけがないだろ、友人まで巻き込むな、二度と連絡してくるなと返事をしておいた。本人も認めている通りこれらは全て本当の事である。せっかく何年も嫌がらせを継続して迷惑を振りまいてきたのだから、せめてパーソナリティ障害の例として世の中に貢献しろと言いたい。このブログがきっかけとなり、桜井一哉の異常性が露呈し、の家族や、奴がお世話になったといういう人たちに影響があればよいなとワシは思っている。

それにしても、当時の名簿を見ると桜井一哉は昭和48年7月3日生まれとある。もうすぐ50歳になろうかという中年男にこんなことを書かせるワシにも自己嫌悪を感じる。いや、自己嫌悪を感じた時点でワシはまだ甘いのかもしれない。ワシの友人は「パーソナリティ障害者に一切の同情心はない」とハッキリ言っている。ワシは、そこまでの境地にまだ達していないということだろう。それもまた自己嫌悪。どちらに転んでも自己嫌悪。一体どうしたら良かったのだろう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です