自己愛性人格障害(300) ネタが尽きるようで尽きないようで

いつの間にか自己愛性人格障害の話も300回目になった。
中には他愛ない回もあっただろうが、 とにもかくにも300回である。

皆さんのコメント総数は5000件に近付いている。
コメントくれていた方の事は戦友だと思っていますし、
最近ご無沙汰な方の事は今でも気にしています。
パンケーキさんや自己愛夫さんは元気かなとか。

でも、このブログに表れなくなったということは、
状況が良くなったと解釈しています。
そうですよね?

本当に、こんなブログなんか誰も見なくなればいいと思う。
人格障害者の被害に遭う人がひとりでも少なくなればいいと思う。

そのためには、世間の人たちの共通認識として、
人格障害が特別なものではなく、その辺に普通に存在すること、
そして人格障害者どもの手口を周知し、
多くの人が一般常識として「扉が開いた」状態になること、
それが、今のボクの願いかな。

Follow me!

5 thoughts on “自己愛性人格障害(300) ネタが尽きるようで尽きないようで

  1. 水彩色鉛筆 より:

    300回お疲れ様でした。
    私は前の職場にいた50代男性に
    悩まされこのブログにたどり着きました。
    世の中に職場で嘘を言う人はたくさん
    いるでしょうが「嘘つき」のレベルが違います。
    結局自分が職場を辞めることになりました。
    それにしてもあのウソ・うそ・嘘何だったんだろう。
    今でも自己愛のトラウマに悩まされています。
    自己愛男性と同じような体型の人がいると
    呼吸が苦しくなったり。
    このブログを読むのはリハビリの一環です。
    知らない人は「離れたらすっぱり忘れればいい」
    と思われるかも知れませんが私は言っていたことが
    全て嘘だった驚き、嘘がばれたのに普通に接してくる
    気持ち悪さ、職場内を混乱させるため新たな嘘をつき
    周囲が疲れ果てるのを見てニヤニヤ笑い
    忘れられません。忘れるのは無理でも
    同じ人間にならないように自分を鍛えたいです。
    長文失礼しました。

  2. せんち より:

    *** 水彩色鉛筆さん
    水彩色鉛筆さんの書かれているコメントは一言も隙のない、
    そのまんまの状況こそ人格障害者どもの言動です。
    ねえ、不思議ですよね。
    全てが嘘だった驚き、
    嘘がバレたのに普通に接してくる気持ち悪さ、
    周囲を混乱させることが目的の嘘、
    なんなんだーーーーー

  3. なみだ より:

    せんちさん。
    300回ですか。。。泣。
    責任感の強さと、訪ずれる人への優しさが
    『でこぽんの法則』の全てではないかと思っています。
    せんちさんにとって、300回までの道のりは長く厳しい日々だったでしょう。本当にお疲れ様です。
    自己愛性人格異常者が常に頭の隅から離れない毎日。
    死んでくれない限り振り払えない。
    苛立ちと不安が脳内を支配するので
    辛すぎた経験を過去に持って行けない。。。
    いっとき忘れても、また戻って来る。
    戦って勝っても負けても
    逃げても逃げても逃げても
    自己愛性人格異常者が頭の中から離れない。
    終わらないですよね。。。泣。

  4. より:

    私も、自己愛性パーソナリティー障害の上司や知人に悩まされた経験があります
    それが、男性の場合、モラハラだけでなく力で押さえ付ける場合もあります
    例えば、苛つくとモノヲ投げるとか、、
    最近、思うのは、典型的なパーソナリティー障害の人はわかるのだけど
    その境界線にいる人がわからないのです
    まともなのかおかしいのか
    おかしいのかまともなのか
    わかりやすいパーソナリティー障害者ならいいけど
    境界線を行き来するパーソナリティー障害者程恐いものはないと感じます
    それほど、ちょっとしたパーソナリティー障害の巧みさにやられてしまいます
    頭の良いパーソナリティー障害者は、しっぽをなかなかみせません
    だから、一人の人には、酷い人間であっても、それ以外の者には、とても好い人であったりします
    最近はらそのような境界線ギリギリであったり、頭の良いパーソナリティー障害者に違和感を覚えます

  5. 喪失 より:

    頭が良いというか悪知恵の回るボス的自己愛は自分が直接手を下すのでなく、周囲の人を利用して生贄を攻撃させる傾向が強い感じですね。
    自分より目立つ素行の良くない人や、モラルの欠落した気のある人を煽動して行動に走らせたり、精神が弱った人の症状を悪化させて取り込むなど。
    特に強迫観念やアスペルガ―傾向のある人をマインドコントロールや洗脳して鉄砲玉にするようです。精神症状的にこれらにターゲットされると執拗さがもの凄く厄介、自己愛もそれが判ってやっている。
    あとは事情を知らない第三者をコイツはいかに悪い奴でこの世から排除すべきだと煽動して攻撃させる。
    直接攻撃指令を出すのでなく、「あいつがが勝手にやった俺様(自己愛)は関係ない」と言い逃れできる煽動をするのが更にたちが悪いです。
    ボス的自己愛は、それらを肉壁として矢面に立たせてコロコロし合うのを、自分は陰から第三者を装って放火したり、油を注いで爆弾を投げ込みほくそ笑んで高みの見物という胸糞悪さでやる。
    先兵や取り巻きの責任が問われると、自分に追及が及ぶ前に嘘大げさ出鱈目捏造を駆使して全部擦り付けてしっぽ切りするから、本丸のボス自己愛のしっぽが掴みにくい。
    とにかくたちが悪いというか、鬼や悪魔ですら尻尾撒いて逃げ出すような腐れ外道ですね。
    「自己愛性人格障害(325) サイコパス社員 その4」の記事にも投稿しましたがこの事案がそれが如実に表れている例かもしれませんね。
    「以前から耳に入っていた」福岡・消防集団パワハラ 「閉鎖性」温床、発覚遅れる
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00010002-nishinpc-soci
    消防署で相次ぐパワハラの実態、悪ふざけがエスカレート
    http://sekuharapawahara.taikenjp.com/shoubousho_pawahara_aitugu/

せんち へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です